毎日、うまい!!
「酸×旨×甘」のいい関係【特別純米 直実】

サラッとクセなし、
酸味と旨みのバランス良し!

特別純米酒 直実は、毎日の家庭料理と
相性ぴったりのおいしいお酒。

権田社長の願いを込めて、
コスパよくお届けします。

特別純米 直実

特別純米 直実には、
豊かな水と風土の恵みが生きています

日本酒の酒質を決めるといわれる水。
熊谷は荒川・利根川という二大河川が近接し、清浄な伏流水が豊かなところです。
また、広大な平野、日本一の快晴率、暑い夏という気候風土が、米の豊かな実りをもたらします。

そして、お酒を仕込む冬の厳しい寒さがあいまって、芳醇ですっきりした酒質を育んでくれるのです。

特別純米 直実には、豊かな水と風土の恵みが生きています
特別純米 直実には、豊かな水と風土の恵みが生きています
だからスッキリうまい!!毎日飲んでも飽きない味
特別純米 直実
特別純米 直実
バランスのよい酸味とうまみ
華やかな香り

気になる酒米は、地元名産
「さけ武蔵」

酵母は、「きょうかい901号」

熊谷の晴天の多い気候と、地元民が愛する風土と、権田酒造の陽気な気質が加わって、あかるくまあるい味となりました。

今となってはかなり珍しい「槽(ふね)」でお酒を絞っています。あらばしり、中汲み、責め、と絞られる順番によって分けやすいためです。

しかも、温度によって
味が変わるから面白い!

いろいろ楽しめて得した気分に♪

特別純米 直実
冷
約10℃

約10

スッキリ、スリムな味わい

常温
約18℃

約18

膨らみのある甘さと、柔らかなキレ

ぬる燗
約30℃

約30

ピリッと辛いが、徐々に穏やかに

上燗
約45℃

約45

おだやかな丸い味に、ふんわりとした甘さが包む

ちなみに
権田ファミリーおすすめ温度は

特別純米 直実
45℃(権田清志社長)夏は、冷やして(12度)で飲みたいなぁ
40℃(権田幸子)
50℃まであたためて少し冷めたころ(40℃~50℃)(権田直仁)
「酸×旨×甘」のいい関係【特別純米 直実】

さて、みなさんは
どの温度で飲みますか?

温度によって味が千変万化する食中酒は、まさに直実の人生のよう。ただし、家庭料理にぴったり合い、スイスイ飲めちゃうので、ご注意を!

料理がもっとおいしくなる!

ここで開発秘話!
実は、3年かけて到達した味。

この特別純米酒、権田社長の特別な想いの賜物なんです。
さかのぼること四半世紀前、当時の日本では第一次地酒ブームが起こっていました。若かりし権田社長は、とある純米酒に出会ってビックリ。

実際の酒蔵の様子

実際の酒蔵の様子

権田清志社長

今まで飲んだことのないほど、うまい。
そして……高い!
でも、ものすごく、うまい。

それまで下火だった純米酒がジワジワ人気になってくる時世とあいまって、権田社長は純米酒の未来に可能性を感じ「自分も、あの純米酒のような酒を造りたい!」と決意します。

実際の酒造りの様子

新しいお酒をつくるとき、だいたい3年は
試行錯誤しているな by権田清志社長

越後杜氏の流れをくむ新潟県出身の杜氏と試行錯誤すること、はや3年。

ようやく4年目にして、市場に出せる「うまい酒」が完成しました。それなりにコストはかかっていますが、たくさんの人に飲んでもらいたい、という思いから、お求めやすい価格に設定しました。

権田酒造
みなさん、飲んでみてくださいね!

ひとりもいいけど、

みんなで
ワイワイ飲むと
もっとおいしい

気取らない楽しい味を、ぜひ確かめてくださいね

さあ飲んでみてください!
特別純米 直実

特別純米 直実

720ml1,360(税別)

1,800ml2,660(税別)

※価格は店頭価格とは異なります。また、こちらの商品には「箱代」が含まれます。

原材料
さけ武蔵(熊谷産) 60%精米 全量使用
使用酵母
協会901号
アルコール分
15.0%
日本酒度
+5.0
酸度
1.5
アミノ度
1.5

※熊谷直実(くまがいなおざね)

熊谷直実

中学校の国語の教科書におさめられている「平家物語」「敦盛の最期」に登場し、息子ほどの年である平敦盛を泣く泣く討ったオジサン武士です。

直実はそのとき、心に深く傷を負い、のちのち出家。法然のもとに弟子入りし、熱心な念仏信者となったそうです。のちに法然に「僧は、お酒を飲んでもいいのか?」と問う直実。法然の答えは「まあ、いいんじゃない?」(超訳)